女性が間違ったオナニーをする事でセックスでイキづらくなる?その理由と解決方法をご紹介しています。

官能的情報サイト ハーフリッチ

間違ったオナニーを続けると危険?

間違ったオナニーで不感症を引き起こす事も

女性が抱える悩みで意外に多いことが
オナニーではイケるけどセックスでは
イク事ができないという事です。
オナニーで昇天するくらい気持ち良くなれるのに
セックスでは全然気持ち良くなれない…
なんて女性は間違ったオナニーをしているかもしれません。
オナニーをすることで自分でどこが気持ち良いのか理解できるので
すぐにイクことができますよね。
なのでいつも同じ方法でオナニーしがちになるのです。
何度もすることで短時間でイク様になるので、
その刺激に慣れてしまいます。
その為、他の方法でイクことが難しくなるのです。
セックスはオナニーとは違い相手がいるので
自分の思い通りのプレイができない場合もあります。
なので、いつも同じ方法や同じ体勢でオナニーしている女性は
イキづらくなってしまうのです。
対策としては意識的に色々なオナニーをする方法があります。
いつもとは違う触り方や態勢など、自分なりに変えてみる事で
刺激も変わってくるのでセックスでも
イキやすくなるはずです。

ズボンに手を入れてオナニーする女性

他に間違ったオナニー方法として
足ピンオナニーがあります。
足を真っ直ぐに伸ばしてオナニーする方法ですが、
自然に太ももや下腹に力が入ります。
この体勢でイクことに慣れると
セックスの時も同じ体勢でなければイケなくなってしまいます。
なるべくなら足を曲げてセックスと同じような体勢で
オナニーする癖をつけましょう。
他にはバイブやローター、電マなどの
玩具を使ったオナニーをしている女性です。
玩具の刺激は通常のセックスより強いものが多いので
セックスの時の感度が鈍くなっていきます。
挿入されていても全く感じず、
相手に不満を与える可能性もあるので
なるべく玩具の使用を控えるようにしましょう。
今まで間違った方法でオナニーしていたという女性は
やり方を変えてみることをお勧めします。

最新ブログ